【インプレ&比較】ベイトリール編(その1)

今回は簡単なインプレと比べてみてどうなのかを書いてみました。
今回は軽量ルアーを扱うためのリールについてです。
以下の点についてご注意ください。

  • 完全なる独断と偏見です(異論は認めます)
  • 実際に所有している、もしくはしていたものについてのみ
  • 故に持ってないものについては知らん
  • ホームページに書いてあるようなことは書きたくない
  • 故に詳しいスペックなどはHPなどで確認ください
  • アブ?手にしたことないから全く分かりません

シマノ 15アルデバラン

これの好きなところはとにかく軽いところ。
なんとまさかの135g。
ベイトフィネス機みたいな軽さです。
この軽さに並ぶのはダイワのベイトフィネス機スティーズエアってのがすごい。
しかも7年前のモデルですよ?
これだけ軽いと私のような細腕でもしっかりロッドを振り切れるんです。

自分は重めのベイトフィネスくらいから3/8oz(11g)くらいで使っています。
ピーナッツみたいな小型のクランクなんかも気持ちよく飛んでいきます。

強いて難点をあげるなら1つ。
それはダイワのSV機なんかと比べるとライントラブルが多いところ。
人並みにサミングができれば重症につながることはないと思いますが「自信がない」「安定性が欲しい」ならSV機の方がベターかと思います。

ダイワ 15アルファスSV

CTでもなければTWSでもない15年モデルになります 。
2022年においても現役です。
コンパクトでライントラブルも少なくストレスなく釣りができます。
軽量ルアー向きのリールではありますが、先述したアルデバランに比べると1歩、下手したら2歩くらい劣るように感じます。
扱い易い範囲はアルデバランより重め。
自分は1/4oz(7g)程度から1/2oz(14g)で使用しています。

他の2機種に比べると確かに見劣りする印象がありますが、決して劣っている訳ではなく出し所が違うというだけです。
何と言っても他の2機種に比べて安い。
安いというより安かった。
古いリールなので過去形になってしまいますが、当時安くてトラブルレス、コンパクトなリールってことで個人的には気に入って購入しました。
2つも。
そして未だに現役で使用しています。
確かにSVやらCTも出ているので使ってみたい気もしますが買い替えるほどの必要性は感じずに今になります。
2台とも壊れたら考えようかな……

ダイワ SVライト リミテッド

軽量ルアーを扱うリールとして3機種目の紹介になりますが正直これが一番好き。
ダイワで軽量ルアーと言えばこっちの方が本命になると思います。
シャッドやタイニークランク、高比重ノーシンカーなど非ベイトフィネスでは扱いづらいけどベイトフィネスには重いところで使っています。
ベイトフィネス機ではないので強度的に通常のウェイトも安心して扱えます。
SVのトラブルの少なさと強度を維持しつつ、軽量ルアーの扱い易いさはベイトフィネスに近いものになっています。
自重も150g前後とベイトフィネス級なのも気に入っているところです。

気をつけて欲しいのが糸巻き量。
12lbで50m、8lbでも80m。
普通のリールに比べて少ないが、ベイトフィネスにしては多い。
他にはないコンセプトになっているのでその辺には注意が必要です。

まとめ

ベイトフィネスに近いウェイトならアルデバラン。
次点は僅差でSVライト。
正直どっちでも可。
ピッチングの伸びはアルデバランの方が好き。
シャッド、タイニークランクみたいな空気抵抗の大きいものならSVライトかなぁ。
やっぱりライントラブルの可能性を考えるとSV機になりますね。
ベイトフィネス級に軽いルアーとなるとアルファスSVは正直ナシかな……

軽いもの用ってことで3機種紹介しましたがそれぞれ微妙に使い所が違う3機種になってますね。
結局のところ適材適所、使い易いものを使ってもらえればと思います。

最新情報をチェックしよう!